血糖値と糖尿病・神仙桑抹茶ゴールドの効果

血糖値というのは、血液中の糖分の量を数値化したものですから、普段の食生活に非常に関係が深い物です。



特に、糖分が沢山含まれている甘いお菓子などを頻繁に食べていたり、炭水化物を多く含んでいるお米のご飯や、菓子パン、ラーメンやうどんなどの麺類などの食べ過ぎも血糖値が高くなる原因になります。

どうして炭水化物が血糖値に関係しているかと言えば、炭水化物を食べたら、体の中でブドウ糖分に変わってしまうからです。

血液中のブドウ糖は、インスリンが分泌されることによって、脳や筋肉、そして内臓などで消費されますが、特に、激しい運動などをした時には、脂肪がエネルギーとして消費されるのに優先して、血液中のブドウ糖が消費されることになります。

血糖値が高くなる原因としては、糖分や炭水化物の摂り過ぎなどの食生活の乱れや運動不足などが挙げられます。

インスリンの量が少なかったり、働きが悪かったりすると血液中のブドウ糖を処理しきれなくなり血糖値が上がることになります。

このように、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が高い状態が常態化している場合を糖尿病と言います。

糖尿病になると、血管が傷つけられたり、緑内障や糖尿病性腎症、神経障害などになり、最悪の場合、合併症を引き起こしたりしますので非常に危険です。


<神仙桑抹茶ゴールドは高血糖に効果的>
巷には、いろいろな健康食品が溢れていますが、急激な血糖値の上昇をなだらかに抑える働きを持っているものに、桑の葉を原料に使った製品があります。

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドは、そんな健康食品の中の一つです。



神仙桑抹茶ゴールドの原料になっているのは、桑の葉やシモン、それに緑茶ですが、その中の桑の葉に含まれているDNJ(デオキシノジリマイシン)という成分が、血糖値と非常に深い関係があるのです。

小腸壁にはα-グルコシダーゼという分解酵素が付着しているのですが、通常は、このα-グルコシダーゼが二糖類を単糖類に分解して、分解された単糖類は小腸から吸収されます。

ところが、食事の時に一緒にDNJ(デオキシノジリマイシン)を含んでいる桑の葉を摂取しているとDNJが二糖類よりも先にα-グルコシダーゼと結合してしまい、二糖類は分解されず、小腸からも吸収されなくなります。

このような事から、桑の葉に含まれているDNJは、小腸からの糖分の吸収を減らし、更に遅らせる効果があるのです。

神仙桑抹茶ゴールド(お茶村)の口コミ・評判と体験談レビュー
神仙桑抹茶ゴールドの体験レビューサイトです
http://www.gohartaa.org/


DNJを含んでいる桑の葉を原料に作られているお茶村の神仙桑抹茶ゴールドは、健康診断で血糖値が気になる方や、糖尿病が心配な方、更には肥満やメタボが気になる方には非常に嬉しい健康食品です。